雑記

新婚旅行を成功に導く!押さえておきたい計画ポイント4選

更新日:

9月の連休中にグアムへ新婚旅行に行って参りました。
お互いほぼ初めての海外旅行だったこともあり(私は子供の頃に1度だけ親に連れられて中国へ行ったことがある)、毎日が発見と勉強の連続でした。

最近は結婚式よりも新婚旅行にお金を使う夫婦が多いと言われています。
結婚後初の一大旅行を成功させるため、私が調べたり考えたりしたことを「押さえておきたいポイント」としてまとめてみました。

参考にして頂けたら幸いです。

旅行先の決め方

まずは旅行先を決めなければ何も始まりませんよね。

私たち夫婦も「旅先で癒されたいなー」という超漠然とした目的しかなかったため、旅行先がなかなか決まらなくて大変でした。

最終的に決め手となったのは、「飛行機嫌いの夫が何時間まで飛行機に耐えられるか」でした(笑)。
その結果、グアム(搭乗時間=3時間強)が限界だったので、そこに落ち着いたという次第です。

人気の新婚旅行先ランキング

他の新婚さんたちがどこへ旅行に行っているのかをまとめてみました。
(参考:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2014 首都圏」)

海外旅行人気ランキング

  1. ハワイ(29%)
  2. ヨーロッパ(23%)
  3. その他(83%)

海外旅行部門では、ハワイ・ヨーロッパが圧倒的に人気でした。
「その他」の中でも人気が高かったのはアメリカやインド洋ビーチ、アジア(ビーチ含む)ですが、上位2つほどの票は獲得出来なかった様です。

国内旅行人気ランキング

  1. 沖縄周辺(7%)
  2. その他(17%)

国内旅行では沖縄が大人気
「その他」には北海道や九州、関西周辺が含まれています。

世間的には「新婚旅行=海外」という暗黙の了解がありますよね。
でも、そこであえて国内旅行にすることで、金銭的・時間的な余裕が生まれます
普段は使わない様な高級ホテルに宿泊したり、複数都市を周遊したりなど、豪華な国内旅行を楽しむ人が多い様です。

旅行日数の全国平均

旅行日数ランキング

  1. 7日(27%)
  2. 8日(19%)
  3. 6日(14%)

(参考:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2014 首都圏」)

全国平均は7.0日でした。

ただし、旅行日数は旅行先によって大きく変わります。
ですから、あまり平均値には縛られない方が良いでしょう。
例えば、アフリカや中南米の場合は日本からかなり離れているため、最低でも7日~8日は必要になります。
一方、国内旅行の場合は4日もあれば十分です。

私たち夫婦はグアムで3泊4日を過ごしました(昼過ぎにグアム着/昼過ぎにグアム発)。
2人とも
「飽きの来ない丁度良い日数だった。ただ、あと+1日あっても良かったかも」
という感想を持ちました。

グアムの主要名所をまわり、現地ならではの食事を体験することが目的であれば、3泊4日で十分だと思います。

予算で決める旅行先

新婚旅行を成功に導く!押さえておきたい計画ポイント4選

夫婦共に「○○へ行きたい!」という様な具体的な案が無い場合、予算で目的地や日数を決めるというのも手です。
「お金で決めるのって何かケチくさい」
と思われる方もいるかもしれませんが、あくまで予算は予算。参考のための金額です。
予算を足がかりに色々なプランを眺めているうちに、自分たちにぴったりな旅行先が必ず見つかるはずです。

新婚旅行費の全国平均

お土産代を除いた金額です。
(参考:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2014 首都圏」)

新婚旅行費ランキング

  1. 100万円以上(16%)
  2. 50~60万円未満(14%)
  3. 60~70万円未満(12%)

平均は60.6万円でした。

旅行費は旅行先と時期によって大きく変動します。
遠くへ行けば行くほど交通費はかかりますし、連休中はツアー代も跳ね上がります。

グアムへ行った私たち夫婦の場合、お土産代込みでも40万円で済みました
でも決して、何かをケチったということはありません。
毎日ビュッフェで食事をしていましたし、高級レストランにも行きました。
ホテルもオーシャンビューで、そのまま住み着きたいくらい綺麗でした。

40万円で済んだ要因を挙げるとすれば、以下4点だと思います。

  1. 旅行初日が連休明けだった。
    連休中と連休明けでは、ツアー代に1日あたり1万円以上の差がありました。
  2. グアムに台風が来る時期だった。
    結局、1度も来ませんでしたが・・・。
  3. 早めにツアー会社へ予約を入れたため、早割りが適用されたり、クーポンなどをたくさん貰えた。
  4. 元々ブランド品に興味が無く、グアムで買い物をしようという発想が無かった。

1、2、3の影響が大きかったですね。

とはいえ我が家の場合、1、2は狙ってそうなったわけではないんです。
夫の仕事の都合でその時期しかダメだったというだけです。
時期に関しては値段ではなく、自分たちのやりたいことが出来るかどうかで選んだ方が良いですよ。

でも、3については本当におすすめです!
長期間の旅行ですから、早割りが付くとかなり金額に差が出ます。

予算で決める場合の注意点

新婚旅行にかかる費用は、旅行会社から提示されるツアー代だけではありません。
旅行準備代(トラベルグッズの購入・パスポートの発行など)やお土産代、旅先での飲食代など、何だかんだで+αのお金が発生するものです。

それらの費用も考慮した上で、予算の計算をしてくださいね。

+α分の参考金額

 衣類・洗面用具・薬などの購入  10,000円 
 パスポート発行(1人あたり) 16,000円
 交通費(1人あたり) 5,000円
 お土産(1人あたり) 10,000円~50,000円
 旅行保険代 5,000円
 その他、飲食代など 20,000円

「燃油代金(飛行機代)込み」のプランでない場合、さらに燃油代金が加わるので注意してください。

この予算なら、この場所で何泊出来る?

実際にかかる金額はホテルのグレードなどによって変動しますが、大体の参考値を一覧にまとめてみました。
記載は2人分の金額です。
標準的なグレードのホテルに泊まることを想定しています。
高グレードなホテルに宿泊する場合は、+10万円以上すると考えてください。

10万円以内に抑えたい!

国内旅行(近場)

「妻が妊娠中だ」「諸事情で遠出は無理」という場合は、無理せず近場の観光スポットで小旅行を楽しみましょう。
普段は倦厭しがちな、ちょっとお高いリゾート施設へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

こんなホテルが人気らしいです。

リンク先で再検索することも出来るので、色々探してみると面白いと思います!

10万円台

国内旅行(沖縄・北海道)

10万円以上出せるのであれば、飛行機に乗ることが出来ます(お二人が住んでいる場所にもよりますが)。
沖縄なら2日間、北海道で3日間分の旅費に相当します。
旅先は一都市に限定して、その場所で徹底的に楽しむのがおすすめです。

その他、こんな旅行先が注目されています。

こちらについても、リンク先で再検索することが出来ます。
色々試してみてくださいね!

海外旅行(アジア)

ホテルのグレードを考えなければ、海外旅行も可能です。
グアムやバリなどのアジアンリゾートへ行けますよ。
旅行期間は3日前後になるでしょう。

20万円台

国内旅行(沖縄・北海道)

沖縄(4日間)や北海道(4日~5日間)でリッチな旅行が出来ます。
複数都市を巡る旅も面白いと思います。
ちょっと良いホテルの人気ランキングは、以下が参考になります。

海外旅行(アジア)

グアムなどのアジアンリゾートへ行けます。
4日間程度の旅行が可能ですが、ホテルのグレードや条件によっては30万円を超えることがあります。

30万円台

国内旅行(離島)

石垣島

石垣島などの離島へ行くことが出来ます。
国内であればどこへでも行けると考えて良いでしょう。

海外旅行(アメリカ・グアム・ハワイ・オーストラリアなど)

アメリカ圏やオーストラリアで3泊以上出来ます。
アジアなら1週間くらい滞在可能です。

40万円台

国内旅行(周遊)

普段は行けない様な国内の豪華リゾートをはしご出来ます。
金銭的にはかなり余裕があります。

海外旅行(モルディブ・フランス・スペイン)

モルジブ

ハワイやオーストラリアなら5日~6日、ヨーロッパ圏ならぎりぎり5日滞在出来るくらいです。
ヨーロッパへ行くのなら、50万円以上かけた方が楽しめるでしょう。

50万円~60万円

海外旅行(タヒチ・ニューカレドニア)

タヒチなどの人気ビーチリゾートで5日ほど過ごせます。
ヨーロッパ1国で6日ほど滞在出来ますが、複数の国をまわるのであれば、もう+10万円欲しいところです。

70万円~90万円

海外旅行(ヨーロッパ周遊)

イタリア

ヨーロッパで2国以上まわれます。1国に限定すれば、ちょっと贅沢な旅行が出来るでしょう。
女性に人気のモルディブには1週間以上滞在出来ます。

90万円~

海外旅行(アフリカ・中南米)

エジプト

アフリカや中南米へ行く場合、飛行機の都合上、最低でも7日~8日以上の旅となります。
その分旅費も高く、少なくとも90万円は必要です。
100万円でもちょっと不安が残ります。

自分たちに合った旅行形態を選択しよう

新婚旅行で最も人気のある旅行形態は、「宿泊と移動手段(チケット)だけのパッケージツアー」(44%)です。
次いで、「観光や食事などがついたパッケージツアー」(38%)が続きます。
(参考:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2014 首都圏」)

今回、私たちは後者を選択しました。
海外旅行自体が初めて同然でしたから、「大人しくプロに従おう」と考えたためです。
それでも自由行動の時間はたっぷりとありましたし、とても満足しています。

これは裏話になりますが。
実はパッケージツアーでも、旅団を離れることは不可能ではないんです。
ただし、契約外の行動を取ることになるため、事前に誓約書へのサインが必要になります(「何か起きても御社を責めませんよ」という様な内容です)。

ツアーはどこから申し込むのがお得?旅行会社サイト比較

JTB


JTB

新婚旅行者人気No.1!
(参考:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2014 首都圏」)
日本最大手の旅行会社で、手配力・サポート力の良さは他の追随を許しません。
ツアー品質も高く、評判は上々です。
ただし、その分金額も高め。値段相応のサポートを補償してくれるのでぼったくり感は一切ありませんが、他社と比べるとちょっと値段が高いかな・・・という印象です。

私はdトラベル経由でJTBのハネムーンツアーを利用しました。
日程の打ち合わせ時にとても親身に対応してくださったり、ホテルの部屋にワインがセッティングされていたりと至れり尽くせりで、私も旦那も大満足でした!

こんな人におすすめ!

  1. ちょっと高くても良いからレベルの高い旅行をしたい。
  2. ハワイへ行く予定だ。(JTBはハワイに強いんです)

どうしても値段が気になる方へ

「ルックJTB」の下位互換である「旅物語」を利用しましょう!
「ルックJTB」が「高くて高品質」なら、「旅物語」は「格安でそれなり」です。
旅物語のツアーも決して悪くはないので、値段の高さが気になる方は旅物語を利用するのも手です。

お得に利用するコツは?

  1. 早めに申し込んで早割を利用すること。
    行き先によってはクーポンも貰えます。
  2. クレジットカードのポイントモール経由で申し込むと、ツアー代の一部がポイントとして還元されます。

H.I.S.



海外旅行はエイチ・アイ・エス

新婚旅行者人気No.2!
(参考:リクルート「ゼクシィ結婚トレンド調査2014 首都圏」)
2位とはいえ僅差。JTBと双璧を成す旅行会社で、両者は度々比較されます。
ネット上では
「JTBよりもH.I.S.の方が安い。品質ならJTB、安さならH.I.S.を選べ」
という意見をよく目にしますが、値段に関しては旅行時期によります。
確かに全体的に見ればH.I.S.の方がJTBよりも安めに設定されていますが、シーズンになると値段はほとんど変わりません

旅行品質も決して悪くはありません。
「海外慣れしている」「日本語も通じる場所だから手厚いサポートは不要」という方であれば、H.I.S.で安いプランを探すのも良いでしょう。

こんな人におすすめ!

  1. 海外挙式の予定がある。
    H.I.S.は海外挙式に力を入れています。この分野ではずば抜けています。
  2. 少しでもツアー代を安くしたい。
  3. 単独でも行動出来る。手厚いサポートは要らない。

お得に利用するコツは?

  1. 旅行シーズンを避ける。
    シーズン外であれば、かなり安くなります。
  2. 旅行シーズン中は、ビジネスクラスのツアーが激安になっていることもあります。

dトラベル


NTTドコモの旅行サイト dトラベル

ドコモが運営している旅行情報サービス。
ドコモユーザー以外でも利用することが出来ます。

ドコモ自体が旅行商品を保持しているのでなく、dトラベルのサイトを経由してJTBと契約することになります
つまり、私たちとJTBの間にdトラベルというクッションが挟まっているイメージですね。
よって、旅費や品質についてはJTBの項に記載した通りとなります。

dトラベル経由で予約すると、旅費100円につき1ポイントのドコモポイントが付与されます。
また、旅費の支払いにドコモポイントを消費することも可能です。

今回、私はこのdトラベルを利用しました。
旅費が旅費なので、ドコモポイントが大量にゲット出来ました。
このポイントを使って、ずっと欲しかった家電を手に入れる予定です!

こんな人におすすめ!

  1. ドコモユーザーでJTBを利用しようと考えている人。
  2. 国内ツアーを考えている人。
    お得なクーポンが豊富に揃っています。

お得に利用するコツは?

  1. 早めに申し込んで早割を利用すること。行き先によってはクーポンも貰えます。
  2. ドコモポイントを貯めて、旅費をポイントという形で還元すること。

Tトラベル


Tトラベル

TSUTAYAやTポイントを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が設立した旅行会社。
dトラベル同様、他の旅行会社との橋渡しをしてくれるサイトです。
提携している旅行会社はJTB、日本旅行、ANAセールスなど大手ばかり。

Tトラベル経由で予約をすると、旅費100円につき1ポイントのTポイントが貯まります
(一部のツアーではポイントが貯まらない場合もあります。契約前にアイコンをよく確認してくださいね!)
貯まったTポイントはTポイント加盟店で現金の代わりとして利用することが出来ます。

また、旅費の支払いに今まで貯めていたTポイントを使用することも可能です。
この場合、レートは1ポイント=1円となります。

こんな人におすすめ!

  1. Tポイントを貯めたい人。Tポイントが大量に貯まっている人。
  2. 1つの旅行会社に限定せず、複数の旅行会社のプランを比較したい人。
    Tトラベルサイトから、JTBや日本旅行、ANAセールスなどの旅行商品を検索出来ます。

お得に利用するコツは?

  1. 早めに申し込んで早割を利用すること。
    行き先によってはクーポンも貰えます。
  2. Tポイントを貯めて、旅費をポイントという形で還元する。

楽天トラベル


楽天トラベル

その名の通り、楽天が運営する旅行情報サイト。
IT系企業ということもあり、サイトの見やすさ・使いやすさ・充実度はNo.1ですね。
プラン毎に利用者レビューが付いているので、プラン選びで失敗したくない人はよく目を通しておきましょう!

国内旅行では、下で紹介している「じゃらん」とJTBに次いで3位の実力を誇ります。
温泉に限定すれば、じゃらんと双璧を成す強さです。
バス旅行やレンタカー予約に関しては楽天トラベルの圧勝
車移動の旅行を考えている方におすすめです。

楽天トラベル最大の強みは、何といっても楽天ポイントを利用出来ることでしょう。
利用金額に応じた楽天ポイントが貯まる・旅費として利用出来るので、楽天ユーザーにとってはかなりお得なサービスです。

こんな人におすすめ!

  1. 国内旅行、特に温泉旅館へ宿泊しようと考えている。
  2. 楽天ポイントを貯めている、もしくは大量に貯まっている。
  3. バスやレンタカーを利用した旅行を計画している。

お得に利用するコツは?

  1. 楽天ポイントを積極的に利用すること。
  2. 予約前に楽天カードを作ってしまうこと。
    新規入会時に大量ポイントをゲット出来ます。さらに、以下の様なメリットがあります。
  • 楽天市場買い物時にポイント2倍。
  • ETCカードも同時に作れば、高速道路を走っているだけでポイントが貯まる。
  • JCB・MASTER・VISAが使える買い物で楽天カードを利用するとポイントが貯まる。
  • ENEOS給油時にポイントが貯まる。

貯まったポイントは1ポイント=1円で利用出来ます。
年会費無料ですし、思い切って作ってしまうのも手ですよ!


楽天カード

じゃらん


国内現地ツアー予約 じゃらん

(株)リクルートホールディングスが運営する旅行情報サイト。
20,000軒以上の参画施設が提供する宿泊プランや、各旅行会社が提供するパッケージツアーなどを検索出来ます。

国内旅行における情報量No.1!(海外旅行も取り扱っています。)
特に温泉・旅館に関してはじゃらんの右に出る者はいません

じゃらんから予約をするとリクルートポイントが貯まります。
ポイントは旅先で現金代わりに利用したり、Pontaポイントと交換することが出来ます。

こんな人におすすめ!

  1. 国内旅行、特に温泉旅館へ宿泊しようと考えている。
  2. リクルートポイント・Pontaポイントを貯めている。もしくは大量に貯まっている。

お得に利用するコツは?

  1. Pontaポイントだけでなく、ネットマイルPeXGポイントとも提携しているので、他ポイントサイトのポイントを上手く利用すれば旅費を割引くことが出来る。
  2. 宿泊部屋にはこだわらない場合、「訳ありプラン」がお得。

Booking.com

オランダ発のオンラインホテル予約サービス。
2005年、アメリカのThe Priceline Groupに加わりました。
日本ではまだ馴染みが薄いかもしれませんが、世界60ヶ国以上に155社以上の支社を持つ大企業です。

「世界最大の宿泊サイト」と謳っているだけあって、ホテル掲載数は断トツに多いです。
特にヨーロッパ圏に強い!・・・オランダ発のサイトだからでしょうか。
他サイトでは扱っていない優良プチホテルなどは、ここからでないと探せない場合が多いですね。

サイトは多言語に対応しており、もちろん日本語にも対応済み。
東京・大阪・福岡・札幌に日本支社があるため、日本語による24時間電話対応サービスも受けられます。

ただし、他サイトと違ってクーポンやポイントの利用が出来ません。

こんな人におすすめ!

  1. ヨーロッパ旅行を計画している。
  2. 他サイトには掲載されていない様な宿泊施設を探している。

お得に利用するコツは?

株式会社リラックス・コミュニケーションズが運営している法人会員制クラブ「クラブオフ」会員の場合、割引特典が適用されます。
以下のいずれかの条件を満たしている方は、簡単な申請でクラブオフ会員になることが出来るので、予約前に会員申請しておきましょう。

  • TSUTAYA Tカードプラスを持っている。
  • イオンカード(ベネッセコラボ)を持っている。
  • NTTグループカードゴールドを持っている。
  • アメリカンエキスプレス ビジネスゴールドを持っている。
  • ジャパンネット銀行を利用している。
  • BIGLOBE、NTTぷらら、コミュファ、UCOMで光回線契約をしている。
  • リロ・ホールディングの株を100株以上持っている。

Tカードプラスは年会費525円ですが、年一回の利用で年会費無料となります。
Tポイントもガンガン貯まりますし、この機会に作ってしまっても良いかもしれません。

一休.com


高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

株式会社一休が運営する旅行情報サイト。
一休はホテル・旅館予約やレストラン予約、ショッピングサイトなどを運営している会社です。

一休で扱っている宿泊施設は、どれもワンランク上のものばかり。
帝国ホテルやホテル椿山荘など高級ホテルのプランがたくさん揃っています

一休.comの良いところは、それら高額宿泊プランを、タイムセールや会員特別価格などで割安に提供してくれること。
高級ホテルに泊まりながらも、費用の負担をかなり軽減することが出来ます

まさに、新婚旅行の旅館・ホテル予約にうってつけのサイトではないでしょうか。

こんな人におすすめ!

  1. 宿泊施設にこだわりたい。
  2. 高級ホテルの宿泊費を少しでも安くしたい。

お得に利用するコツは?

  1. タイムセール商品をこまめにチェックすること。
  2. 予約する前に一休会員に登録すること。
    会員特別価格が適用されます。
  3. 「一休.comビジネス」「一休.comレストラン」などで貯めたポイントを利用すること。
    1ポイント=1円で利用可能です。

まとめ

堂々と長期休暇を取得したり、どかんと大金をはたいても、まわりに文句を言われない。
これぞ新婚旅行の特権です!

後にも先にも、ここまで大きな旅行へ行く機会はなかなかありません。
ここは一発、新婚旅行特権を全力で発動してみませんか?

こちらの記事も併せてお読みください。
まさかの成田離婚!新婚旅行で喧嘩する夫婦から学ぶ喧嘩予防法

-雑記

Copyright© 富築.com -とみづき- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.