雑記

正しい彼女の作り方、必須の7大要素!女性視点で分析します

更新日:

あなたの知り合いにいませんか?そこまで顔が良いわけでもないのに、何故か彼女の途切れない人。

男性視点では、何故彼らがモテるのか理解しがたいかもしれません。
「あんな男に引っかかる女はバカだ」と思うこともあるでしょう。
でも私たち女性の立場から見ると、彼らはやはり魅力的に映るんですよね。

彼らは無意識なのか努力したのか、きちんと「正しい彼女の作り方」・・・つまり恋愛テクニックを心得ているんです。

この記事では、彼らモテ男たちが実践している恋愛テクニックを、理詰めで解説していきます。
いずれも私自身が経験し、効果があると感じたものばかりです。

きっとあなたが考えている以上に、彼女の作り方は単純です。
ただ、あなた自身がアクションを起こさない限りは何も始まりません。
大切なのは、ほんの少しの勇気と努力。彼女を作るために、あなたが今日これからすべきことを具体的に見ていきましょう。

清潔感のある服装を心がける

女性は本能的に不潔な男性を嫌います。
女性の身体は男性よりも(凹凸的な意味で)病気に感染しやすい構造になっており、不衛生な男性との接触を避けようとするためです。

また、不潔な格好は女性に社会的ステータスの低さも連想させます。逆に、清潔感のある男性はそれだけで「きちんとしている人」という印象を相手に与えます。そのため、だらしない格好をしている男性よりも、ピシッと決めている男性の方が女性からモテるのです。

着る服は安くても構いません。人として最低限の身だしなみを整えるだけで良いのです。
出かける前に服がほつれていないか、色の組み合わせが不自然ではないかを確認してください。
寝癖直し・髭剃り・歯磨き・口臭対策・爪やフケなどのチェックも忘れずに。

例えイケメンでなかったとしても、清潔感のある男性はそれだけでカッコよく見えるものです。

太っている人はまず痩せること

ぽっちゃりを通り越して「デブ」と言われるレベルまで太っている人は、何よりもまず痩せることを優先してください。

「太っている自分でも認めてくれる女性が良い」と言う方もいるでしょう。しかし、恋愛において「太っている」ということは、それだけで不利な条件となります。有利になることは何一つありません。
あなたが太っている女性を彼女にしたくないと思っているのと同じ様に、女性も太っている男性と付き合いたいとは思いません。

「背が低い」「毛が薄い」などは、本人の努力ではどうすることも出来ませんが、「デブ」は改善出来ます。健康にも良くないですし、これを機にダイエットを始めましょう。

積極的に出会いを求め、彼女候補の母数を上げること

あなたが芸能人並みのイケメンだったとしても、そもそも出会いが無ければ彼女は出来ません。
恋愛は確率論です。数撃てばいつかは必ず当たる世界なのです。

そこで、合コンです。
自分で合コンを開けそうもない人は、友達にお願いして場をセッティングしてもらいましょう。

もしあなたが「合コンに良い出会いなんて無い」と思っているのだとしたら、それは大間違い。
確かに不発に終わる合コンは多いかもしれません。しかしそれは、失敗したと思った瞬間に女性陣との連絡を断ってしまうからです。その出会いを次の合コンに繋げてください。大切なのは、出会いの輪をどんどん広げていくことなんです。

「合コンに行くのはどうしても気が引ける」という方は、婚活パーティや街コン、習い事への参加でも構いません。女性との出会いは、自分から積極的に求めない限り訪れないということを忘れないでください。

聞き上手になって、自分よりも相手に多く話をさせること

人は誰しも自分の話を聞いてもらいたいと思っています。そのため、自分の話を嫌な顔せず聞いてくれる異性に対しては、自然と好感を持つものです。

しかし、最近はこのテクニックの上辺だけが一人歩きしてしまい、男女間で「あちらから話してくれないのかな?でも、こちらから話をしたら好感度が下がってしまうかも・・・」という、何とも不毛な腹の探りあいが起きているそうです。

「相手に多く話をさせる」というのは、「ひたすら相手の話を聞く」ということではありません。「相手の話を上手く引き出す」という意味なのです。
5W1H、「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」を活用し、彼女に色々な質問を投げかけて会話を広げていきましょう。

必ず恋愛の話題を出すこと

「女性と1回はデートに行くことが出来るものの、何故かいつも次に繋がらない」「毎回友達止まりで終わってしまう」。

そんな悩みを抱えている人は、次回のデートでは恋愛の話題を出してみましょう。

あなたと一緒にいる時に、女性に少しでも恋愛気分を味あわせるのです。そのロマンチックな気分はあなたに向けたものではありませんが、彼女の気分は確実に高まります。
話題は、「今、付き合っている人いるの?」「どんなタイプの男性が好きなの?」など、あなたが無理なく質問出来る範囲で構いません。

ただ、あなたがその質問を出した途端に、彼女に嫌な顔をされた場合はすぐに話題を変えましょう。そこで気分を害する女性は、あなたに脈なしである可能性が高いです。彼女のことは諦めて次へいきましょう。

自分自身が楽しそうに振舞うこと

あなたは目の前の女性との関係が上手く進展しているのかどうか、何を基準に判断していますか?

きっと、彼女の表情や態度を元に判断しているのではないでしょうか。彼女が楽しそうな顔をしていたら、あなたは「あ、今良いデートをしているんだな」と感じますよね。

ということは、彼女も同じなんです。あなたと話をしている女性はあなたの態度を見て、その会話が良いものなのか悪いものなのかを判断しています。

だからこそ、まずはあなたが楽しく振舞うことが大切なのです。

同時攻略のススメ

正しい彼女の作り方、必須の7大要素!女性視点で分析します

分かりやすくするために、あえて悪い言い方をすると、「本命とキープは同時に攻略しても良い」ということです。
良く言えば「視野を広く持て」でしょうか。
モテる男性と非モテ男性では、この部分の考え方が大きく異なります。

フリーな身なら、同時に複数の女性を口説いても罪ではない

当たり前ですが、パートナーのいない身であれば、同時に2人・3人の女性を口説いても罪ではないのです。
「それは人としてどうなの?」と思われる方もいるでしょう。でも、これは普通のことなんです。女性側も分かっています。

「金曜はAさんと食事に行く」
「土曜はBさんと買い物に行く」
「日曜はCさんと映画を見に行く」
・・・悪いことは何もありませんよね。

身体の関係を持ってしまうと、それは確かに「人としてどうなの?」という問題になってしまいますが、複数の女性と遊びに行くこと自体は悪いことではないのです。

ただし、仮にキープのうちの1人とお付き合いすることになった場合は、その時点で本命を含む他の女性との関係は清算しないとダメですよ!
ずるずると関係を続けていると、いつかは修羅場となり、全てを失う結果となります。

一人の女性への執着心を薄めるため

ターゲットの女性を一人だけに絞ってしまうと、その女性への執着心が高まります。
「一途」であることは良いことですが、その執着心が必要以上に高まってしまうと、あなたにとっても女性にとっても良い結果に繋がりません。人によっては、自分では気付かぬうちにストーカー化してしまう場合もあります。

だからこそ、執着心の分散が必要なんです。
本命の子への執着心が過度にならないよう、他の子にも目を向ける必要があるんです。

もしかしたら、キープ候補だと思っていた子の中に本命以上の子がいるかもしれません。でも、それはそれで良いんです。本命の子と付き合っているわけではないのなら、あなたの心の内でそっと乗り換えれば良いだけの話なんですから。

余裕のある態度が女性からの信頼感に繋がる

女性は誰しも「一途に愛されたい」という願望を持っています。
しかし一方で、重たすぎる愛情は求めていません。

ターゲットを一人に絞るタイプの男性は、その一人にがっついてしまう傾向があります。「自分には後がない」という気持ちから、焦りが出てしまうんです。でもそれは、女性にとっては恐怖でしかありません。

女性が求めているのは「一途だけど余裕のある男性」です。欲張りですよね!でもモテる男性はその男性像を上手く演じているんです。
この様な男性に惹かれる女性を見た時、あなたは「こんな女ったらしに惚れるなんてバカな女だな」と思うかもしれません。しかし、女性もそこまでバカではないんです。女性側も薄々感付いてはいますよ。それでもなお、そんな器用な男性との距離感が心地いいから、彼女たちはその彼と一緒にいたいと思うのです。

彼らが持っている、恋愛における心の余裕。
それは「この子がダメでも次がある」という思考から来ています。
本命の子がいる人ほど、他の人にも目を向けてみるべきなのです。

まとめ

正しい彼女の作り方、いかがでしたか?
あなたが思っていたよりもずっと単純なことだったのではないでしょうか。

今回は7つのコツをお伝えしましたが、いずれにしても大切なことは、あなた自身が恋愛を楽しむことです。
肉食系男子を好む女性は多いですが、がっつり系男子は女性にとって恐怖の対象です。
恋愛をあまり重たく考えず、気軽な気持ちで女の子との食事や会話を楽しみましょう!それが彼女作りへの一番の近道です。

-雑記

Copyright© 富築.com -とみづき- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.