ごはんメモ

カレイの煮付け。良いカレイを無駄にしないためのメモ

更新日:

一般家庭の調理器具のキャパを超えるためか、魚屋でやたらと売れ残っている浅羽カレイ。
今回はこの立派なサイズの浅羽カレイを煮付けに仕上げます。

煮付けの味は甘めよりですが、「甘っ」となる程ではありません。
辛めが好きな方は醤油を足して、より煮詰めてください。

ちなみにカレイは1匹450円でした。

所要時間

捌く時間:5分~10分
煮る時間:15分

材料

浅羽カレイ1匹
150cc
醤油大1+大1/2
大1
砂糖大1
みりん大1

手順

下処理

カレイの下処理をします。内臓は結構大きなものが取れます。

をします。内臓は結構大きなものが取れます。

  1. カレイを流水で水洗いし、表面のぬめり気を取る。
  2. 内臓を取る。
    ヒレのすぐ後ろ側をヒレに沿って切る。(画像の緑矢印付近)
    画像の赤丸部分に内臓があるので、指を突っ込んで引き出す。
  3. ボウルに水を張り、カレイの内部をよく洗う。
  4. 水気をよく拭き取る。

次に、カレイの表面を処理します。

カレイの表面

  1. 包丁やスチールウールで表面の鱗を取る。
    (取りきれなかったとしても食感が悪くなる程度です)
  2. 身体の中心部分に×印を入れる。
    これによって火の通りが早くなります。また、熱で皮が縮んでも破れにくくなります。

煮る

煮る

顔と尻尾が収まっていませんが、落し蓋で全体を覆えば何とかなります。
どうしても心配な方は、盛り付けた後にレンジでチンしても良いと思います。

  1. 鍋にカレイ以外の材料を入れて温める。煮汁が十分に温まったらカレイを投入する。
  2. カレイの表面に煮汁を回しかける。
  3. 落し蓋をして、8分~10分煮る。火加減は、煮汁がフツフツと煮立っている程度。
  4. 落し蓋を取り、煮汁がトロっとするまで煮詰める。

煮詰め具合は好みでOKです。
私は薄味派なので、トロっとする寸前で火を止めています。
旦那は濃いめが好きなので、旦那分はしっかりと煮詰めます。

盛り付け

盛り付け

顔と尻尾がフライパンの壁に張り付いているので、まずはそこから丁寧に剥がしてください。
次に、フライ返しをそっと腹の下に入れ、カレイとフライパン底を離します。

フライ返しの中央にカレイの腹が来る様に乗せ、顔部分を指でつまんでお皿に運びましょう。

最後に煮汁をかければ完成です。

-ごはんメモ

Copyright© 富築.com -とみづき- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.